わか柳葬祭・トップページ > 遺品整理・家屋解体・特殊清掃のご案内
  • 文字サイズ変更文字サイズを「標準」に戻します
  • 文字サイズを大きくします

ここから本文スタート


遺品整理・家屋解体・特殊清掃のご案内

遺品整理をはじめとした、お困り事を解決します

大切なご親族がお亡くなりになられた時。
住まわれていた家屋をそのままにしておくことはできません。

空き家となった家屋を解体する前に、家屋の中に残った不用品を処分し、大切な遺品は選別して保管しなければなりません。

大切なご親族を失った状態で、残された家屋に入り整理しなければならないというのは、気持ち的に難しいもの。

そのような一連に関する全てを、わか柳葬祭では【真心を込めてサポート】いたします。

 遺品整理のご案内

品整理のご案内

身内の方がお亡くなりになると、本来故人の遺品整理は家族が行うものでしたが、時間と労力が必要で、ゴミの分別の厳格化もあり、 家族だけで行うのは精神的負担が大きいものです。

残されたご家族の思いを継承して行う遺品整理は、単なるゴミを運び出す不用品回収とは全く異なります。

これらすべての遺品を綺麗に整理することを遺品整理と言います。

そもそも遺品とは?

遺品とは、亡くなられた方が所有していた動産物のほぼ全般を言います。

例えば、自動車やバイクなどを所有していた場合は、下取りや買取、価値がない場合は廃車手続きをしなければいけません。

わか柳葬祭へお任せください

大切な遺品だからこそ、なかなか進まない整理を任せることによって、円滑に完了し、更にはご遺族の方も新たな気持ちで明日を迎えられます。

遺品整理のの疑問、ご質問は、わか柳葬祭へご相談、お問い合わせください。

365日お問い合わせ対応!

お問い合わせ・ご相談

 家屋解体のご案内

家屋解体のご案内

昨今、増え続ける空き家を巡りさまざまなトラブルが発生しています。

売却も居住もせず放置しておけば、空き家の老朽化が加速し、周辺の景観を乱すだけではなく、放火や窃盗など犯罪の舞台となってしまう可能性もあります。

処罰の対象になることも

1年以上人の出入りがなく、不適切な状態で放置された空き家は、空き家対策特別措置法に基づき「特定空家等」に指定され、行政からの指導に応じなければ強制執行(所有者が費用を負担する強制撤去)、固定資産税の軽減措置(住宅用地の特例)対象から除外されるなどの処罰を受けなくてはなりません。

わか柳葬祭へお任せください

空き家を解体してしまえば勧告を受けることもなくなるうえに、定期的な空き家の巡回や補修工事の手間、その費用負担もなくなります。

また、空き家が建ったままの土地(古家付土地)よりも、更地になった土地の方が、スムーズに売却できるメリットもあります。

家屋解体の疑問、ご質問は、わか柳葬祭へご相談、お問い合わせください。

365日お問い合わせ対応!

お問い合わせ・ご相談

 特殊清掃のご案内

特殊清掃のご案内

例えば、借家などでご親族がお亡くなりになられた時は、遺体の発見が遅れる場合があります。

そうすると、室内の汚れや悪臭が籠って取れないことが多くあります。
更には、害虫が発生したり感染菌の発生などが起こっている場合も多々あります。

そのような時は、一般的な掃除では到底手に負えませんので【特殊清掃】が必要となります。

主に一人暮らしの高齢者などに

主に一人暮らしの高齢者など、周りとの交流がないために遺体の発見時には室内に汚れや悪臭が籠って取れないことがあります。

また害虫が発生していたり、最悪の場合は感染菌の発生なども起こります。

わか柳葬祭へお任せください

上記のようなことによって、状態によっては床板や畳の張り替えや基礎部分の解体にまで及ぶこともあります。

そのようなお困り事は、わか柳葬祭へご相談、お問い合わせください。

お問い合わせは

お問い合わせ・ご相談

このページのトップへ戻る